【タイチ】完全攻略ガイド <プロフィール・全試合勝率・ベストバウト etc>

選手名鑑

全日本プロレス出身のレスラー「タイチ」。
一見するとビジュアル系の風貌だし、YouTubeのチャンネル登録ばっかり気にしているチャラいプロレスラーだ。しかし、そのファイトスタイルは外見やキャラクターとは裏腹に、技を真正面から受けては返す熱いプロレス。「ひとり全日本プロレス」と称されるほどの熱量がある。

そんなタイチ選手の多彩なキャリアを、対戦成績や年表とともに深掘りしてみたい。多くのレスラーがいる新日本プロレスの中でも、濃いキャラクターで魅力を発揮しているタイチ選手。

さあ、世界初のYouTuberプロレスラー・タイチ選手の世界へ一緒に飛び込もう!

タイチ

愛を捨てた聖帝
団体全日本プロレス → フリー → 新日本プロレス
ユニットJust 5 Guys
生年月日1980/3/19 ( 44 才)
出身地北海道/石狩市
デビュー2002/12/2 ( 21 年)
デビュー戦土方隆司
得意技天翔十字鳳、タイチ式ラストライド、タイチ式外道クラッチ、ブラックメフィスト、アックスボンバー、デンジャラスバックドロップ
身長177 cm
体重100 kg
血液型O 型
入場曲Pageant
Twitter@taichi0319
好きなものYouTube生配信、大相撲、稀勢の里、三谷紬、響ハイボール、鮒忠、地球防衛軍5

タイチのパラメータ

総合点 44/60点

タイチ選手はここぞというシングルマッチで、観客を大いに盛り上げる。試合後半で相手の大技を喰らっても、「うおーーーっ!」と気合いと共に立ち上がるスタミナ。相手を1発でノックダウンさせるキックのパワー。とにかくゴツゴツした相手とのシングルマッチは、ゴッツゴツのバッチバチだ。

多くの全日本プロレスの選手の技を修得しており、さらには人の技もすぐに自分のものにしてしまうテクニックがある。タイチ式外道クラッチ、タイチ式ライガーボム、タイチ式ラスト・オブ・ザ・ドラゴン、タイチ式俺が田上、タイチ式ラストライド。オマエの技はオレのもの、オレの技はオレのもの。”タイチ式”をつければ、どんな技でもタイチ選手のものだ。

タイチ選手はリング上でのパフォーマンスよりも、YouTubeで多くの発信をしている。なんなら試合よりもYouTubeで発信している時間の方が長い。1年半で417本の動画を配信。ほぼ毎日、配信しているのだ。配信時間も尋常じゃない。ゲームクリアするまで7時間生配信したり、パチスロを9時間生配信したりしている。なにしてんねん!
プロレスの試合時間よりも、YouTube配信時間の方が長い。プロレスラーがYouTubeをしているのではない。YouTuberがプロレスをしているのだ。スパチャ熱はMAX10だ。

タイチの必殺技『デンジャラスバックドロップ』

タイチの年表

年月日できごと
2002.12.2全日本プロレスで「石狩太一」としてデビュー
2005.2.1川田利明とともに『全日本プロレス』退団しフリーとなる
2006.5.13「北海道」のリングネームで新日本プロレス初参戦。
2008.9.23ミラノコレクションA.T.とタイチが「ユニオーネ」結成
2009.4.11リングネームを「タイチ」に変更
2010.1.18ミラノコレクションA.T.が引退。「ユニオーネ」解散
2010.2.15CMLLへ長期遠征
2010.5.7『CMLL世界トリオ王座』を戴冠。初タイトル奪取
2011.1.4小島、タイチ、TAKAみちのく、NOSAWA論外が『小島軍(仮)』を結成
2011.5.3小島聡を追放し鈴木みのるが『鈴木軍(仮)』に改名
2013.10.14タイチ、TAKAみちのくが第36代『IWGPジュニアタッグ王座』を初戴冠
2015.1.12鈴木軍とプロレスリング・ノアの抗争が勃発。主戦場をノアにする
2015.3.15タイチが第代『GHCジュニアヘビー級王座』を初戴冠
2015.12.23「あべみほ」がディーヴァとなる
2016.12.3鈴木軍がノアから完全撤退
2017.3.6金丸、タイチ組が第50代『IWGPジュニアタッグ王座』初戴冠
2018.2.10ヘビー級へ転向
2018.9.17タイチが第20代『NEVER無差別級王座』を初戴冠
2020.7.12タイチ、ザック・セイバーJr.が第87代『IWGPタッグ王座』を初戴冠
2022.2.24YouTubeで「聖帝タイチのゲーム実況チャンネル」を開設
2023.1.5新ユニット『Just 4 Guys』結成

先月までの最新試合結果

※新日本、スターダムでの試合限定
2024.5.6 日本武道館
KAI
タイチ
VS クリス・ブルックス
ザック・セイバーJr.
0:14:59 タイチ式外道クラッチ37
2024.5.4 福岡国際センター
ボルチン・オレッグ
棚橋 弘至
VS タイチ
TAKAみちのく
0:08:57 ハイフライフロー
2024.5.3 福岡国際センター
上村 優也
タイチ
VS カラム・ニューマン
グレート-O-カーン
0:09:14 かんぬきスープレックスホールド

タイチの全対戦成績

全試合の総試合数(Total)、勝利数(Win)、敗北数(Lose)、引き分け数(Draw)を集計。年別の試合数と勝率の推移。
TotalWinLoseDrawRate
14076147791443.6%
※集計期間:2007/5〜2024/5の新日、STARDOMの試合
合計試合時間283:18:38
平均試合時間 0:12:04

メインイベント回数の推移

年別のメインイベントの回数、メインイベント率をグラフ化。
メインイベント率が高いほど、メインイベンターとして重宝されている。
Main CountMain Rate
14810.5%

フィニッシュホールドTOP5

タイチ選手はどの技で勝っているのか。全試合のフィニッシュホールドを集計してランキング。
RankFinishCount
1タイチ式外道クラッチ51
2ブラックメフィスト45
3天翔十字鳳37
4聖帝十字陵34
5タイチ式ラストライド13

タイチのシングルマッチ勝率

シングルマッチの総試合数(Total)、勝利数(Win)、敗北数(Lose)、引き分け数(Draw)を集計。年別の試合数と勝率の推移。
TotalWinLoseDrawRate
20790117043.5%
※集計期間:2007/5〜2024/5の新日、STARDOMの試合
合計試合時間42:52:58
平均試合時間 0:12:25

タイチのシングル対戦TOP5

タイチ選手と因縁の多い選手は誰なのか。シングル対戦数の多い順でランキング。
RankPlayerRate
1田口 隆祐835037.5%
2内藤 哲也853062.5%
3プリンス・デヴィット826025%
4鷹木 信悟734042.9%
5石井 智宏725028.6%

タイチのタッグマッチ勝率

タッグマッチの総試合数(Total)、勝利数(Win)、敗北数(Lose)、引き分け数(Draw)を集計。年別の試合数と勝率の推移。
※2人タッグのみの成績
TotalWinLoseDrawRate
410191213646.6%
※集計期間:2007/5〜2024/5の新日、STARDOMの試合
合計試合時間80:36:11
平均試合時間 0:11:47

タイチのタッグパートナーTOP5

タイチ選手と多くタッグ組んだ選手は誰なのか。タッグ回数順に、タッグパートナーをランキング。
※2人タッグのみの成績
RankPlayerRate
1TAKAみちのく843945046.4%
2ザック・セイバーJr.745123068.9%
3鈴木 みのる412020148.8%
4ミラノコレクションA.T.381619342.1%
5エル・デスペラード21174081%

タイチ ベストバウト

超個人的かつ評価の高い試合をピックアップ。NJPW WORLDで見れる試合のみをチョイス。
タイチ選手のゴツゴツした戦いをどうぞ。

▼タイチ VS 鷹木信悟
2022.12.19 国立代々木競技場 KOPW争奪戦 鷹木式ラストマンスタンディング・ランバージャックデスマッチ 2:20:30頃〜

タカタイチ2人合わせて50周年記念興行 2022年12月19日 東京・国立代々木競技場 第二体育館 全試合 | njpwworld.com 新日本プロレスワールド
タカタイチ2人合わせて50周年記念興行 2022年12月19日 東京・国立代々木競技場 第二体育館 全試合 | njpwworld.com 新日本プロレスワールド

タイチ VS 飯伏幸太
2020.10.16 両国国技館 G1CLIMAX30公式戦

G1 CLIMAX 30 2020年10月16日 東京・両国国技館 第5試合 「G1 CLIMAX 30」Aブロック公式戦 飯伏幸太 VS タイチ | njpwworld.com 新日本プロレスワールド
G1 CLIMAX 30 2020年10月16日 東京・両国国技館 第5試合 「G1 CLIMAX 30」Aブロック公式戦 飯伏幸太 VS タイチ | njpwworld.com 新日本プロレスワールド

タイチ VS オカダ・カズチカ
2023.7.21 アオーレ長岡 『G1 CLIMAX 33』公式戦

G1 CLIMAX 33 2023年7月21日 新潟・アオーレ長岡 第7試合 『G1 CLIMAX 33』Bブロック公式戦 オカダ・カズチカ VS タイチ | njpwworld.com 新日本プロレスワールド
G1 CLIMAX 33 2023年7月21日 新潟・アオーレ長岡 第7試合 『G1 CLIMAX 33』Bブロック公式戦 オカダ・カズチカ VS タイチ | njpwworld.com 新日本プロレスワールド

▼オカダ・カズチカ&ウィル・オスプレイ&YOH&SHO VS タイチ&ザック・セイバーJr.&エル・デスペラード&金丸義信
2020.2.4 後楽園ホール イリミネーションマッチ

Road to the NEW BEGINNING 2020年2月4日 東京・後楽園ホール 第7試合 イリミネーションマッチ オカダ・カズチカ&ウィル・オスプレイ&YOH&SHO VS タイチ&ザック・セイバーJr.&エル・デスペラード&金丸義信 | njpwworld.com 新日本プロレスワールド
Road to the NEW BEGINNING 2020年2月4日 東京・後楽園ホール 第7試合 イリミネーションマッチ オカダ・カズチカ&ウィル・オスプレイ&YOH&SHO VS タイチ&ザック・セイバーJr.&エル・デスペラード&金丸義信 | njpwworld.com 新日本プロレスワールド

まとめ

タイチ選手は、スター街道ではないヒールの道を歩んできた。「タイチは帰れ!」というブーイングを受けていた。
しかし、鈴木軍を結成し、団体を超え戦い、ブーイングはやがて声援に変わる。それは数字にも表れている。「Just 5 Guys」になりメインイベント数も増え、ヘビー級転向後のシングル勝率もジワジワと右肩上がりになっている。

40歳を超えてまだ成長し続けているタイチ選手。プロレスのみならずYouTubeでも本気で活動するタイチ選手。これからも新しいプロレスラー像を作っていくに違いない。今後もタイチ選手の活躍に目が離せない。

それでは、一緒に素晴らしきプロレスライフを!