【SANADA】完全攻略ガイド <全試合勝率・プロフィール・ベストバウト etc>

選手名鑑

新日本プロレスのリングで一際輝くスター、SANADA選手。その流麗な技巧とカリスマ性は数多くのファンを魅了し続けてる。SANADA選手の起源は武藤敬司氏が主宰する「武藤塾」の第1期生として、全日本プロレスからデビュー。デビュー戦では中嶋勝彦と対戦している。

かなり寡黙だが、素晴らしい肉体美と確かなテクニックのあるSANADA選手。今や日本のプロレス界を代表するトップスターとして、新日本プロレスでその実力を証明している。そして何より礼儀正しい。いまだかつてこれほど品行方正なプロレスラーはいなかったんじゃないだろうか。コンプラの厳しい現在でも安心して放送できるプロレスラー。それがSANAやんだ。

さあ、SANADA選手の経歴と実績を一緒に振り返ってみよう。

SANADA

Cold Skull
団体新日本プロレス
ユニットJust 5 Guys
生年月日1988/1/28 ( 36 才)
出身地新潟県/新潟市
デビュー2007/3/13 ( 17 年)
デビュー戦中嶋勝彦
得意技デッドフォール、Skull End、ラウンディングボディプレス、オコーナーズブリッジ
身長182 cm
体重100 kg
血液型A 型
入場曲new scenery
Twitter@seiyasanada
Instagramseiya_sanada
好きなものHi-STANDARD、ワイン、横浜ベイスターズ、アンパンマン、スターバックス

SANADAのパラメータ

総合点 42/60点

SANADA選手の試合は、しっかりとしたレスリングをじっくり見せながら進む。シングルマッチではタフネスさが光り、長期戦でも高いパフォーマンスを維持している。長時間の試合でもフィニッシュへのたたみかけのスピードは一切衰えない。緩急のある動きで、会場を一気に興奮のピークへ導く。

また、SANADA選手のフィニッシュホールドは豊富だ。打撃技の「シャイニングウィザード」、投げ技の「デッドフォール」、締め技の「Skull End」、飛び技の「ラウンディングボディプレス」、丸め込みの「オコーナーブリッジ」。全カテゴリでフィニッシュホールドを持っている選手は、SANAやん以外思い当たらない。

ただ、SANAやんは寡黙だ。以前は試合後にノーコメントだらけだったが、チャンピオンになっても、特に大きく語ることはない。メインで勝利すると「ギフト」があるが、それもテンプレ化されていて、SANADA選手が何を考えているのか、語られることがない。それがSANADA選手のミステリアスな魅力なのかもしれない。

しかし、ファッションに関しては寡黙ではない。スーツはダンヒルのオーダーメイド、ネクタイやベルトはエルメス、スニーカーはルイ・ヴィトン、小物アイテムはDior。なんかすごい。よくわからないけど、なんかすごい。リングに乱入する際も、数十万円もするルブタンの靴で、華麗にドロップキックを放つ。数十万の靴!? そんなSANAやんのシャレオツ度はMAX10だ。

SANADAの必殺技『デッドフォール』

SANADAの年表

年月日できごと
2007.3.13全日本プロレスで中嶋勝彦、T28戦でデビュー
2010.8.29真田、征矢組が第84代『アジアタッグ王座』を初戴冠
2013.6.30全日本プロレスを退団
2013.9.18武藤が旗揚げした『WRESTLE-1』に参戦
2014.3.2『TNA Xディヴィジョン王座』を日本人として初戴冠
2014.7.7『TNA』とも契約を交わし入団。グレート・サナダに変貌
2015.4.16『TNA』との契約満了のため退団。
2015.5.15『WRESTLE-1』との契約満了のため退団。フリーでアメリカで活動
2015.12.1『東京愚連隊』大会で日本復帰
2016.4.10SANADAが『ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン』加入
2017.12.11SANADA、EVILが『WORLD TAG LEAGUE 2017』初優勝
2018.1.4SANADA、EVILが第79代『IWGPタッグ王座』を初戴冠
2018.12.9SANADA、EVILが『WORLD TAG LEAGUE 2018』2連覇
2022.2.19SANADAが第13代『IWGP USヘビー級王座』を初戴冠
2022.3.17オスプレイ戦で左目眼窩底骨折により長期欠場
2023.3.17SANADAが『ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン』を脱退し、『Just 5 Guys』加入
2023.3.21SANADAが『NEW JAPAN CUP 2023』初優勝
2023.4.8SANADAが第7代『IWGP世界ヘビー級王座』を初戴冠

先月までの最新試合結果

※新日本、スターダムでの試合限定
2024.4.26 エディオンアリーナ
SANADA
上村 優也
VS カラム・ニューマン
グレート-O-カーン
0:12:42 首固め
2024.4.25 福井県産業会館
SANADA
TAKAみちのく
DOUKI
VS 金丸 義信
高橋 裕二郎
SHO
0:10:29 サムソンクラッチ
2024.4.22 後楽園ホール
SANADA
VS ジェフ・コブ
0:10:00 時間切れ引き分け

SANADAの全対戦成績

全試合の総試合数(Total)、勝利数(Win)、敗北数(Lose)、引き分け数(Draw)を集計。年別の試合数と勝率の推移。
TotalWinLoseDrawRate
980661311867.4%
※集計期間:2007/5〜2024/5の新日、STARDOMの試合
合計試合時間225:02:25
平均試合時間 0:13:46

メインイベント回数の推移

年別のメインイベントの回数、メインイベント率をグラフ化。
メインイベント率が高いほど、メインイベンターとして重宝されている。
Main CountMain Rate
31632.2%

フィニッシュホールドTOP5

SANADA選手はどの技で勝っているのか。全試合のフィニッシュホールドを集計してランキング。
RankFinishCount
1Skull End186
2オコーナーブリッジ48
3ラウンディング・ボディプレス37
4マジックキラー14
5デッドフォール11

SANADAのシングルマッチ勝率

シングルマッチの総試合数(Total)、勝利数(Win)、敗北数(Lose)、引き分け数(Draw)を集計。年別の試合数と勝率の推移。
TotalWinLoseDrawRate
1287254256.3%
※集計期間:2007/5〜2024/5の新日、STARDOMの試合
合計試合時間38:43:50
平均試合時間 0:18:09

SANADAのシングル対戦TOP5

SANADA選手と因縁の多い選手は誰なのか。シングル対戦数の多い順でランキング。
RankPlayerRate
1オカダ・カズチカ1028020%
2EVIL844050%
3棚橋 弘至743057.1%
4タイチ651083.3%
5後藤 洋央紀633050%

SANADAのタッグマッチ勝率

タッグマッチの総試合数(Total)、勝利数(Win)、敗北数(Lose)、引き分け数(Draw)を集計。年別の試合数と勝率の推移。
※2人タッグのみの成績
TotalWinLoseDrawRate
21515756273%
※集計期間:2007/5〜2024/5の新日、STARDOMの試合
合計試合時間46:14:59
平均試合時間 0:12:54

SANADAのタッグパートナーTOP5

SANADA選手と多くタッグ組んだ選手は誰なのか。タッグ回数順に、タッグパートナーをランキング。
※2人タッグのみの成績
RankPlayerRate
1EVIL715516077.5%
2内藤 哲也594811081.4%
3BUSHI361917052.8%
4鷹木 信悟22184081.8%
5高橋 ヒロム1081180%

SANADA ベストバウト

超個人的かつ評価の高い試合をピックアップ。NJPW WORLDで見れる試合のみをチョイス。
かつてライバルと呼ばれたオカダ・カズチカとの一戦もピックアップ!

▼オカダ・カズチカ VS SANADA
2019.8.3 エディオンアリーナG1 CLIMAX 29公式戦

G1 CLIMAX 29 2019年8月3日 大阪・大阪府立体育会館(エディオンアリーナ大阪) 第9試合 「G1 CLIMAX 29」Aブロック公式戦 オカダ・カズチカ VS SANADA | njpwworld.com 新日本プロレスワールド
G1 CLIMAX 29 2019年8月3日 大阪・大阪府立体育会館(エディオンアリーナ大阪) 第9試合 「G1 CLIMAX 29」Aブロック公式戦 オカダ・カズチカ VS SANADA | njpwworld.com 新日本プロレスワールド

▼SANADA VS ザック・セイバーJr.
2018.7.21 後楽園ホール G1 CLIMAX 28公式戦

G1 CLIMAX 28 2018年7月21日 東京・後楽園ホール 第7試合 「G1 CLIMAX 28」Bブロック公式戦 SANADA VS ザック・セイバーJr. | njpwworld.com 新日本プロレスワールド
G1 CLIMAX 28 2018年7月21日 東京・後楽園ホール 第7試合 「G1 CLIMAX 28」Bブロック公式戦 SANADA VS ザック・セイバーJr. | njpwworld.com 新日本プロレスワールド

▼SANADA VS 高橋ヒロム
2023.5.3 福岡国際センター IWGP 世界ヘビー級選手権試合

レスリングどんたく 2023 2023年5月3日 福岡・福岡国際センター 第9試合 IWGP 世界ヘビー級選手権試合 SANADA VS 高橋ヒロム | njpwworld.com 新日本プロレスワールド
レスリングどんたく 2023 2023年5月3日 福岡・福岡国際センター 第9試合 IWGP 世界ヘビー級選手権試合 SANADA VS 高橋ヒロム | njpwworld.com 新日本プロレスワールド

SANADA 関連グッズ

よりSANADA選手を満喫したいなら、こちらもオススメ。SANAやんとの妄想デート写真もあるよ。

まとめ

SANADA選手は、オカダ選手のライバルと言われながらも、その対戦成績は大きく負け越している。2016年に新日本プロレスに参戦以降、シングルマッチの勝率はじわじわと上昇していたが、2022年には逆に落ち込んでしまった。また、2018年以降のタッグマッチ勝率は、右肩下がり。いいところまで行くのみ、いまひとつパッとした成績がでなかった。

しかし、2023年に大きな転機が訪れる。「ロス・インゴベルナブレス」を脱退して「Just 5 Guys」に加入。ついに、IWGP世界ヘビー級王座を戴冠し、シングルマッチの勝率は劇的に上昇し、SANAやんの時代が幕を開けた。ただ、タッグマッチの勝率は芳しくないけど。

2023年に頂点に立ったSANADA選手。果たして彼が長期政権を築いていくのか。それとも短期政権となってしまうのか。これからもSANADA選手の周辺から目を離せない。

それでは、一緒に素晴らしきプロレスライフを!