【SANADA vs EVIL】を徹底比較!あなたはどっち推し?<プロフィール・勝率・対戦成績etc>

データで楽しむプロレス

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン出身のSANADAとEVIL

かつてはタッグを組み、ワールドタッグリーグを2連覇した盟友。そんな2人が、まさかベルトを盗んで罵り合うなんて思いもしなかった。これだからプロレスは面白い。今はそれぞれの道を進んでいる2人の対戦成績や基本スペックを徹底比較してみた。

徹底比較!プロフィール

まず、EVIL選手の生年月日・出身地は不明なため、こちらに記載のデータはウソである。ウソであるが、そうだと仮定して話を進めたいと思う。

年齢は、SANADA選手よりEVIL選手がひとつ年上。そして、なんと誕生日は2日違い。2人とも水瓶座だ。全く役に立たない情報だが、2人が対戦する時は水瓶座の頂上決戦だと思って観ていただきたい。

デビューはSANADA選手が4年早い。人間としてはEVIL選手が先輩で、レスラーとしてはSANADA選手の方が先輩だ。そして、新日本歴はEVIL選手の方が5年長い。つまり、なんかいい勝負ということだ。

大切なことなので繰り返すが、EVIL選手の生年月日・出身地は不明なため、こちらに記載のデータはウソである。

SANADAEVIL
生年月日1988/1/281987/1/26
年齢36 才37 才
出身地新潟県静岡県
デビュー2007/3/132011/5/13
キャリア17年目13年目
身長182 cm178 cm
体重100 kg106 kg
血液型A型O型

徹底比較!レスラースペック

SANADA選手の固有スキルは「シャレオツ」。EVIL選手の固有スキルは「覚えとかせる量」だ。

徹底比較!シングルマッチ勝率

SANADAEVIL
シングル試合数128210
シングル勝利数7279
シングル勝率56.3%37.6%
メインイベント数4535
メインイベント率35.2%16.7%
総試合時間38:43:5045:09:21
平均試合時間 0:18:09 0:12:54

シングルマッチの勝率推移

シングルマッチのメインイベント率の推移

※集計期間:2007/5〜2024/5の新日、STARDOMの試合

シングルマッチの全体の勝率は、SANADA選手が高いが、SANADA選手は2016年から新日本プロレスに中途採用のため勝率がよくなっている。逆にEVIL選手の数字が低いのは、若手時代の戦績が含まれているためである。シングルマッチの勝率推移のグラフを見れば、2人の勝率はかなり拮抗していることがわかる。そして2人とも勝率は右肩上がりだ。

次にメインイベント率を見てみよう。メインイベント率が高いということは、その年の調子がいいということだ。EVIL選手は“金的オブダークネス”に転身した2020年に突出している。同じく、SANADA選手が“Just 5 Guys”に転身した2023年は突出をしている。転身すると突出するようだ。メインイベント率で見ると、転身したばかりのSANADA選手が有利である。

もし、あなたも突出したいなら、転身することをオススメする。

SANADA vs EVIL 対戦成績

SANADAVSEVIL
4 win0draw4 win
2017.7.20 『G1 CLIMAX』公式戦
0:15:48
ラウンディング・ボディプレス
2019.7.18 『G1 CLIMAX』公式戦
0:18:11
EVIL
2020.7.3 『NEW JAPAN CUP』
0:20:13
EVIL
2020.10.17 『G1 CLIMAX』公式戦
0:27:01
オコーナーブリッジ
2021.1.5
0:23:40
ラウンディング・ボディプレス
2021.10.20 『G1 CLIMAX』公式戦
0:17:47
EVIL
2023.8.10 『G1 CLIMAX』公式戦
0:16:16
EVIL
2023.10.9 IWGP世界ヘビー級王座
0:28:01
デッドフォール

SANADA vs EVIL のベストバウト

SANADA vs EVILのベストバウトとしては、初めての直接対決をピックアップ。NJPW WORLDで視聴可能だ。

▼SANADA vs EVIL
2017.7.20 後楽園ホール G1CLIMAX27公式戦

G1 CLIMAX 27 2017年7月20日 東京・後楽園ホール 第7試合 「G1 CLIMAX 27」Bブロック公式戦 SANADA VS “キング・オブ・ダークネス”EVIL | njpwworld.com 新日本プロレスワールド
G1 CLIMAX 27 2017年7月20日 東京・後楽園ホール 第7試合 「G1 CLIMAX 27」Bブロック公式戦 SANADA VS “キング・オブ・ダークネス”EVIL | njpwworld.com 新日本プロレスワールド

まとめ

EVIL選手とSANADA選手、2人ともにロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの出身。かつてはタッグパートナーとしてリング上で息を合わせていた2人は、ロスインゴ脱退後はそれぞれ自由にキャリアを築いている。今は完全に敵対しているが、またタッグを組む日が来ることもあるかもしれない。
ライバルとして彼らの歩んできた道、そしてこれからの展開がとても楽しみだ。

それでは、一緒に素晴らしきプロレスライフを!