【DOUKI】完全攻略ガイド <プロフィール・全試合勝率・ベストバウト etc>

選手名鑑

新日本プロレスに、異様な空気を持ったレスラーがいる。その名は「DOUKI」。
「Just 5 Guys」に所属しているものの、仲間と楽しそうにつるむわけでもなく、リングでもあまり多く語ることはない。メキシコのインディ団体で10年間泥水をすすってきたDOUKI選手は、エリートだらけの新日本プロレスの空気とは違う異質なオーラを出している。

この記事ではDOUKI選手のプロフィール、対戦成績、勝率、ベストバウトをピックアップし、DOUKI選手の魅力に迫りたい。DOUKI選手の世界は深く、情念が強く、そして何よりも魅力的。

さあ、DOUKIの世界へ一緒に飛び込もう!

DOUKI

ハポネス・デル・マル
団体フリー → ペロス・デル・マール → フリー → 新日本プロレス
ユニットJust 5 Guys
生年月日1991/12/24 ( 32 才)
出身地神奈川県/横浜市
デビュー2010/11/1 ( 13 年)
得意技スープレックス・デ・ラ・ルナ、デイブレイク、DOUKIボム
身長170 cm
体重85 kg
血液型B 型
入場曲DOLOR
Twitter@DoukiPerros
好きなものアニメ鑑賞、小説執筆、西城秀樹、ゼロ飲料、ローリー・ウィンクラー

DOUKIのパラメータ

総合点 41/60点

DOUKI選手はレスラーとして、決して体格が恵まれているわけではない。
しかし、新日本コンクルソ(ボディビルみたいなの)で準優勝するほどの腕の太さもあり、小さめの体でも他の選手に引けを取らない。
メキシコ時代は1年に30試合程度しかできていないため、毎年100試合以上する新日のレスラーと比較するとプロレススタミナはやや少ないかもしれない。しかし、2020年以降は試合数も増え、白熱したシングルマッチも多い。DOUKI選手が大化けするのは時間の問題だ。

メキシコ仕込みのルチャを生かした独自のテクニックは、他の誰も真似できないオリジナルなプロレスを作り上げている。シングルマッチでは熱いパフォーマンスも多く見られるが、タッグマッチになると他の選手の影にやや隠れがち。あまり目立とうすることはなかったが、最近は内藤選手につっかかったり、自ら積極的に仕掛けにいっている。

「テメェのステージ落としてんのはな、テメェの振る舞いとテメェの言葉だ!」
デスペラード選手に言われたこのセリフが効いているのかもしれない。いやあ、これはいい言葉だったなぁ。

そして、特筆すべきはDOUKI選手の「メリット」による髪の美しさ。綺麗な黒髪はロングでサラサラ。メリットだけを使い続けた挙句、ついにCMまで出てしまうというメリットドリームを叶えてしまう。美髪度はMAX10だ

DOUKIの必殺技『デイブレイク』

DOUKIの年表

年月日できごと
2010.5.1CMLLのルチャ教室でタイチと一緒に練習に励む
2010.11.1メキシコでリングネーム「カンスケ」としてデビュー
2012.1.4リングネームを「DOUKI」に変更
2015.10.10東京愚連隊の興行で日本マット初登場
2019.3.31タカタイチマニアに参戦
2019.5.13DOUKIが『鈴木軍』に加入
2022.12.23『鈴木軍』解散
2022.12.27第3回『新日本プロレスコンクルソ』でDOUKIが準優勝
2023.1.5新ユニット『Just 4 Guys』結成

先月までの最新試合結果

※新日本、スターダムでの試合限定
2024.5.31 後楽園ホール
『BEST OF THE SUPER Jr.』
DOUKI
VS ロビー・イーグルス
0:15:41 スープレックス・デ・ラ・ルナ
2024.5.30 後楽園ホール
TAKAみちのく
DOUKI
VS ロビー・イーグルス
ザック・セイバーJr.
0:06:05 ザックドライバー
2024.5.28 キラメッセぬまづ
『BEST OF THE SUPER Jr.』
KUSHIDA
VS DOUKI
0:12:20 イタリアンストレッチNo.32

DOUKIの全対戦成績

全試合の総試合数(Total)、勝利数(Win)、敗北数(Lose)、引き分け数(Draw)を集計。年別の試合数と勝率の推移。
TotalWinLoseDrawRate
492187298738%
※集計期間:2007/5〜2024/5の新日、STARDOMの試合
合計試合時間93:45:29
平均試合時間 0:11:26

メインイベント回数の推移

年別のメインイベントの回数、メインイベント率をグラフ化。
メインイベント率が高いほど、メインイベンターとして重宝されている。
Main CountMain Rate
7415%

フィニッシュホールドTOP5

DOUKI選手はどの技で勝っているのか。全試合のフィニッシュホールドを集計してランキング。
RankFinishCount
1イタリアンストレッチNo.3223
2スープレックス・デ・ラ・ルナ14
3ホルヘ・リベラ・スペシャル8
4スープレックス・デ・ラ・K2
5ダイビング・フットスタンプ2

DOUKIのシングルマッチ勝率

シングルマッチの総試合数(Total)、勝利数(Win)、敗北数(Lose)、引き分け数(Draw)を集計。年別の試合数と勝率の推移。
TotalWinLoseDrawRate
752946038.7%
※集計期間:2007/5〜2024/5の新日、STARDOMの試合
合計試合時間14:21:33
平均試合時間 0:11:29

DOUKIのシングル対戦TOP5

DOUKI選手と因縁の多い選手は誰なのか。シングル対戦数の多い順でランキング。
RankPlayerRate
1高橋 ヒロム624033.3%
2ロビー・イーグルス514020%
3SHO50500%
4藤田 晃生4400100%
5石森 太二40400%

DOUKIのタッグマッチ勝率

タッグマッチの総試合数(Total)、勝利数(Win)、敗北数(Lose)、引き分け数(Draw)を集計。年別の試合数と勝率の推移。
※2人タッグのみの成績
TotalWinLoseDrawRate
1074561142.1%
※集計期間:2007/5〜2024/5の新日、STARDOMの試合
合計試合時間18:10:15
平均試合時間 0:10:11

DOUKIのタッグパートナーTOP5

DOUKI選手と多くタッグ組んだ選手は誰なのか。タッグ回数順に、タッグパートナーをランキング。
※2人タッグのみの成績
RankPlayerRate
1金丸 義信231310056.5%
2TAKAみちのく20416020%
3エル・デスペラード14310121.4%
4タイチ1486057.1%
5鈴木 みのる1257041.7%

DOUKI ベストバウト

超個人的かつ評価の高い試合をピックアップ。NJPW WORLDで見れる試合のみをチョイス。
デビュー前から知っているミラノさんはDOUKI選手の試合で感動しがち。

DOUKI VS 高橋ヒロム
2021.8.27 後楽園ホール 高橋ヒロム復帰戦

SUMMER STRUGGLE 2021 2021年8月27日 東京・後楽園ホール 第5試合 高橋ヒロム復帰戦 高橋ヒロム VS DOUKI | njpwworld.com 新日本プロレスワールド
SUMMER STRUGGLE 2021 2021年8月27日 東京・後楽園ホール 第5試合 高橋ヒロム復帰戦 高橋ヒロム VS DOUKI | njpwworld.com 新日本プロレスワールド

後藤洋央紀&石井智宏&YOSHI-HASHI VS タイチ&ザック・セイバーJr.&DOUKI
2020.10.23 後楽園ホール 「NEVER無差別級6人タッグ選手権」

Road to POWER STRUGGLE 2020年10月23日 東京・後楽園ホール 第6試合 NEVER無差別級6人タッグ選手権試合 後藤洋央紀&石井智宏&YOSHI-HASHI VS タイチ&ザック・セイバーJr.&DOUKI | njpwworld.com 新日本プロレスワールド
Road to POWER STRUGGLE 2020年10月23日 東京・後楽園ホール 第6試合 NEVER無差別級6人タッグ選手権試合 後藤洋央紀&石井智宏&YOSHI-HASHI VS タイチ&ザック・セイバーJr.&DOUKI | njpwworld.com 新日本プロレスワールド

ミスティコ&ソベラーノJr.&エル・デスペラード VS エチセロ&テンプラリオ&DOUKI
2023.2.26 幕張メッセ FANTASTICA MANIA 2023

NJPW PRESENTS CMLL FANTASTICA MANIA 2023 2023年2月26日 千葉・幕張メッセ 国際展示場11ホール 第4試合 ミスティコ&ソベラーノJr.&エル・デスペラード VS エチセロ&テンプラリオ&DOUKI | njpwworld.com 新日本プロレスワールド
NJPW PRESENTS CMLL FANTASTICA MANIA 2023 2023年2月26日 千葉・幕張メッセ 国際展示場11ホール 第4試合 ミスティコ&ソベラーノJr.&エル・デスペラード VS エチセロ&テンプラリオ&DOUKI | njpwworld.com 新日本プロレスワールド

まとめ

新日本プロレスでは異質な存在感を放つDOUKI選手。
DOUKI選手のキャリアは、苦節10年を超えてから徐々にその魅力が華ひらいてきている。エリートではない、ノンキャリア組の代表として、これからもDOUKI選手の動向には注目だ。サラサラの髪にも注目だ。

今後もこちらの記事は、最新の試合データを1ヶ月ごとに集計。
DOUKI選手のこれからのさらなる活躍に期待。
それでは、一緒に素晴らしきプロレスライフを!