【HENARE】完全攻略ガイド<マオリ族までの歴史・全試合勝率・ベストバウト etc>

選手名鑑

2023年7月。突如、マオリ族の戦士・HENARE選手が誕生した。

髭を剃り落とし、顔面にタトゥを入れ、大きく変貌を遂げた。まさに「The Face of Fury」だ。ニュージーランドの風土に育まれ、マオリ族の伝統と文化に深く根ざしているHENARE選手。そんな最終進化を遂げた彼のキャラクターやキャリアを対戦成績とともに振り返ってみよう。

HENARE

フェイス・オブ・フューリー
団体インパクト → 新日本プロレス
ユニットUNITED EMPIRE
生年月日1992/8/5 ( 31 才)
出身地ニュージーランド/オークランド
デビュー2012/9/1 ( 11 年)
得意技Streets of Rage、TOA Bottom、ランペイジ、アルティマ
身長180 cm
体重105 kg
入場曲The Ultimate Weapon
Twitter@henarenz
好きなもの牛角、モハメド・アリ、マイク・タイソン、アーチェリー、斧投げ

HENAREのパラメータ

総合点 43/60点

HENARE選手の打撃はどれもが強力だ。強力なミドルキックは雷鳴のように響き、ボディへのグーパンチで瞬時に相手は崩れ落ちる。コーナーポストでの振り向きハイキックで、一気に戦況を逆転する。分厚い体で、打撃の威力はマシマシだ。

スタミナも非の打ち所がない。特に鷹木選手との「KOPWアルティメット・トライアドマッチ」。気管支炎で苦しみながらも、38分を超える死闘を繰り広げる。その姿はSNSでも大絶賛され、HENARE選手の実力が広く知れ渡るきっかけとなった。本物のタフガイだ。

技の面でもHENARE選手は、常に進化を続けている。TOAボトム、ランペイジ、Streets of Rageといった破壊力ある投げ技はもちろん、アルティマの締め技でも相手をギブアップに追い込む。次々と新たな技を開発し、技に磨きをかけている。

最終形態に進化したHENARE選手は、パフォーマンスも素晴らしい。完全に原始的で荒々しい戦士と化した。ひとつひとつの技への気迫が漲っており、その雄叫びは野獣の咆哮に近い。一方で、試合後にひとり残ってサイン会を開き、会場でのファンサービスを行う。HENARE選手の試合後のサイン会への参加者は、日に日に増えてきている。また、SNSでは日本文化へ敬意を示す姿もある。礼儀正しく真摯で野蛮な戦士なのである。

そして、HENARE選手が何より大好きな日本文化は「牛角」。SNSに牛角の写真をアップしまくっている。そんな「#キングオブ牛角スタイル」のHENARE選手の牛角課金率はMAX10だ。

HENAREの必殺技『Streets of Rage』

HENAREのムーブ

選手名コール時のアピール

リングアナウンサーの「HE! NA! RE!」に合わせて舌を出して「ヴォー」と叫ぶ

先月までの最新試合結果

※新日本、スターダムでの試合限定
2024.5.31 後楽園ホール
ティタン
BUSHI
鷹木 信悟
VS カラム・ニューマン
HENARE
TJP
0:11:03 Streets of Rage
2024.5.30 後楽園ホール
HENARE
カラム・ニューマン
VS 高橋 裕二郎
SHO
0:07:30 Streets of Rage
2024.2.11 エディオンアリーナ大阪
HENARE
ジェフ・コブ
ウィル・オスプレイ
TJP
フランシスコ・アキラ
VS ドリラ・モロニー
ゲイブ・キッド
アレックス・コグリン
デビッド・フィンレー
クラーク・コナーズ
1:04:05 オーバーキル

HENAREの年表

年月日できごと
2012.5.19『インパクト・レスリング』でプロレスデビュー
2013.9.21HENAREが『IPWニュージーランド・タッグ王座』初戴冠
2016.9.1『新日本プロレス』デビュー戦
2017.2.21岡倫之戦で左足アキレス腱を負傷し、長期欠場。ファレ道場でトレーニング。
2017.11.18『WORLD TAG LEAGE』で復帰
2018.1.4リングネームを「トーア・ヘナーレ」に改名
2021.4.4トーア・ヘナーレが「アーロン・ヘナーレ」に改名し、『UNITED EMPIRE』に加入。
2023.7.16顔面にマオリ族のタトゥを入れ、リングネームを「HENARE」に改名。

HENARE選手のデビューは2012年。キャリアは意外と長いが、2015年までは「インパクトレスリング」で年間10試合程度の出場にとどまっている。彼の本格的なプロレスのキャリアは、2016年『LION’S GATE』(若手中心の興行)での新日本プロレス再デビューからと言えるだろう。2016年デビュー組は、マスター・ワト選手やヒクレオ選手がいる。

しかし、デビューから1年もせずにオーカーン的な人との対戦中に、アキレス腱を負傷。長期の欠場を余儀なくされた。欠場中はニュージーランドのファレ道場でトレーニングをしていたようだ。2017年11月に『WORLD TAG LEAGUE』に真壁選手とのタッグで復帰する。今では、オーカーン的な人とタッグを組み『WORLD TAG LEAGUE』に出場している。ドラマティックだ。

しかし、その後は大きい成果を残すことができなかった。さらなる変化を求め、2018年にリングネームを「トーア・ヘナーレ」に改名する。だが、この変化も思うような成果は出せなかった。2021年、リングネームを「アーロン・ヘナーレ」に改名し、『UNITED EMPIRE』に加入し、本隊も離脱する。新日本デビューから6年、新たな一歩を進むことを決意する。

『UNITED EMPIRE』へ加入後は、徐々に活躍の場を広げてきたが、ここで進化が止まることはなかった。2023年7月、髭を剃り上げ、顔面にマオリ族のタトゥーを入れ、ついに最終形態へ進化を遂げた。マオリの戦士・HENARE選手の誕生である。今までは、何かになろうともがいていたHENARE選手だったが、自分自身のアイデンティティを全面に出し、己を曝け出して戦うようになった。単純にすごくカッコイイ。顔面にタトゥーって、相当の覚悟がないとできない。一生、サウナと温泉に入れないし。

男性が顔に入れるマオリ族の刺青「マタオラ」は、高貴さを象徴するもの。顔に刻まれた紋様は家系図を表している。HENARE選手は、本来の自分であるマオリの戦士に覚醒し、新たな道を切り拓いた。マタオラを持つプロスポーツ選手はHENARE選手が初めてらしい。唯一無二の存在感とキャラクターも手に入れたHENARE選手。彼がタイトルを獲得するのは、時間の問題だ。

HENAREの全対戦成績

年別の勝利数、敗北数、引分数、勝率の推移。
TotalWinLoseDrawRate
665280383242.1%
※集計期間:2007/5〜2024/5の新日、STARDOMの試合
合計試合時間119:11:11
平均試合時間 0:10:45

メインイベント回数の推移

年別のメインイベントの回数、メインイベント率をグラフ化。
メインイベント率が高いほど、メインイベンターとして重宝されている。
Main CountMain Rate
426.3%

フィニッシュホールドTOP5

HENARE選手のフィニッシュホールドを集計してランキング。
RankFinishCount
1アルティマ40
2TOAボトム40
3Streets of Rage36
4ランペイジ19
5逆エビ固め7

HENARE選手のターニングポイントは、明らかに「UNITED EMPIRE」加入だ。加入した2021年には勝率は2倍になり、それ以降の勝率は60%後半をキープしている。

一方で、メインイベントの回数は2021年にピークを迎えるが、それ以降は減少してしまっている。2023年の改名以降にどのような変化が起こるか楽しみだ。

フィニッシュホールドは多彩。どれも説得力があるフィニッシュだが、最近ではStreets of Rageが完全必殺技になっているので、どんどん炸裂させて強敵を薙ぎ倒していってほしい。

HENAREのシングルマッチ勝率

シングルマッチの年別の勝利数、敗北数、引分数、勝率の推移。
TotalWinLoseDrawRate
693137144.9%
※集計期間:2007/5〜2024/5の新日、STARDOMの試合
合計試合時間12:09:36
平均試合時間 0:10:34

HENAREのシングル対戦TOP5

HENARE選手とシングル対戦数の多い順でランキング。
RankPlayerRate
1辻 陽太5500100%
2マスター・ワト5500100%
3鷹木 信悟422050%
4中島 佑斗4400100%
5大岩 陵平4400100%

シングルマッチの勝率を見てみよう。2020年、2021年はほぼ戦っていないため極端な勝率となっている。2019年は勝率がかなり高いが、後輩とのシングルマッチが多かったためである。6勝のうち、辻選手に3勝、成田選手に2勝、海野選手に1勝となっている。この年は、先輩には1度も勝てていない。

シングルマッチの本格的なキャリアとしては2022年のG1初参戦からである。そのG1初参戦でHENARE選手は棚橋選手超えを果たす。2023年も石井選手、鷹木選手から勝利しており、シングルプレイヤーとしての実力はもう間違いないものになっている。

対戦成績は、ヤングライオンとの試合が多く組まれていたため、勝率が良い。今はそのヤングライオンたちもメインイベンターに成長している。今後もHENARE選手がこの勝率を保てるのか、とても気になるところだ。

HENAREのタッグマッチ勝率

タッグマッチの年別の勝利数、敗北数、引分数、勝率の推移。
※2人タッグのみの成績
TotalWinLoseDrawRate
23786151036.3%
※集計期間:2007/5〜2024/5の新日、STARDOMの試合
合計試合時間39:36:35
平均試合時間 0:10:01

HENAREのタッグパートナーTOP5

HENARE選手とタッグ組んだ回数順に、タッグパートナーをランキング。
※2人タッグのみの成績
RankPlayerRate
1グレート-O-カーン534013075.5%
2真壁 刀義411130026.8%
3棚橋 弘至30426013.3%
4ジュース・ロビンソン1055050%
5中西 学1028020%

タッグマッチの勝率も、2021年から爆上がりしている。HENARE選手にとって「UNITED EMPIRE」への加入は、大きなターニングポイントとなっている。HENARE選手を勧誘したのが、オーカーン選手なんだとしたら、とても熱い。まさに「怪我の功名」なのかもしれない。

パートナー別の対戦成績をみると、オーカーン選手とのタッグ勝率がダントツである。本隊の選手とのタッグは勝率が悪い。特に棚橋選手とは相性が悪いようだ。本隊を抜けてよかったようだ。

HENARE ベストバウト

超個人的かつ評価の高い試合をピックアップ。鷹木選手との戦いは、HENARE選手の最高傑作といっていい。
※NJPW WORLDリニューアルのため、リンク先は見れません。

鷹木信悟 VS アーロン・ヘナーレ
2023.4.2 後楽園ホール 「KOPW 2023」争奪戦 アルティメット・トライアドマッチ

Road to SAKURA GENESIS 2023 2023年4月2日 東京・後楽園ホール 第7試合 「KOPW 2023」争奪戦 アルティメット・トライアドマッチ 鷹木信悟 VS アーロン・ヘナーレ | njpwworld.com 新日本プロレスワールド
Road to SAKURA GENESIS 2023 2023年4月2日 東京・後楽園ホール 第7試合 「KOPW 2023」争奪戦 アルティメット・トライアドマッチ 鷹木信悟 VS アーロン・ヘナーレ | njpwworld.com 新日本プロレスワールド

鷹木信悟 VS アーロン・ヘナーレ
2023.7.19 ゼビオアリーナ仙台 「G1 CLIMAX 33公式戦」

G1 CLIMAX 33 2023年7月19日 宮城・ゼビオアリーナ仙台 第6試合 『G1 CLIMAX 33』Cブロック公式戦 鷹木信悟 VS HENARE | njpwworld.com 新日本プロレスワールド
G1 CLIMAX 33 2023年7月19日 宮城・ゼビオアリーナ仙台 第6試合 『G1 CLIMAX 33』Cブロック公式戦 鷹木信悟 VS HENARE | njpwworld.com 新日本プロレスワールド

グレート-O-カーン&アーロン・ヘナーレ VS マーク・デイビス&カイル・フレッチャー
2022.12.5 唐津市文化体育館 『WORLD TAG LEAGUE 2022』公式リーグ戦

WORLD TAG LEAGUE 2022 & SUPER Jr. TAG LEAGUE 2022 2022年12月5日 佐賀・唐津市文化体育館 第6試合 『WORLD TAG LEAGUE 2022』公式リーグ戦 グレート-O-カーン&アーロン・ヘナーレ VS マーク・デイビス&カイル・フレッチャー | njpwworld.com 新日本プロレスワールド
WORLD TAG LEAGUE 2022 & SUPER Jr. TAG LEAGUE 2022 2022年12月5日 佐賀・唐津市文化体育館 第6試合 『WORLD TAG LEAGUE 2022』公式リーグ戦 グレート-O-カーン&アーロン・ヘナーレ VS マーク・デイビス&カイル・フレッチャー | njpww

HENARE 関連グッズ

HENARE選手のイケてるグッズがついに販売!会場販売だけなのかしら。会場行かねば。

まとめ

HENARE選手のプロレス人生は、変化の連続だった。

彼は団体を変え、入門しなおし、一からプロレスの道を歩み直した。リングネームを変え、ユニットを変え、新しいフィニッシュを開発。常に変化を恐れず、変わり続けた。そして、最終的にずっと変わることのない自らのルーツ・マオリ族の戦士に辿り着いたのである。

今の最終形態のHENARE選手は、めちゃくちゃカッコイイ。入場から存在感が出ている。ありのままの自分を全力でぶつけ、大切にしているものを前面に出す。最近では、「HENAREコール」も会場でよく起こるようになり、人気の高まりを感じる。すごく嬉しい。

HENARE選手のファイトスタイルは、NEVER戦線にとても相性がよさそう。HENARE推しとしては、いつタイトルを獲ることができるのか、その瞬間を待ち望んでいる。今から楽しみだ。牛角の発信も忘れずに続けてほしい。

それでは、一緒に素晴らしきプロレスライフを!