【 KENTA 】史上最悪の足跡 完全攻略ガイド<全対戦成績・プロフィール etc>

選手名鑑

新日本プロレスで1.4の内藤哲也の大合唱を乱入してぶち壊し「史上最悪の乱入者」となったKENTA選手。ネット上ではかなりマジな誹謗中傷を受け、全てを敵に回した。しかし、この男、めげるどころか、今では「バックステージコメント芸人」として、その地位を揺るぎないものにしている。

そんなKENTA選手が、どんな道を経て今の居場所にたどり着いたのか、その長いプロフィールや対戦成績を通じて、KENTA選手の歩んできた道のりをのぞいてみたい。

KENTA

史上最悪の乱入者
団体新日本プロレス
ユニットBULLET CLUB
生年月日1981/3/12 ( 43 才)
出身地埼玉県/草加市
デビュー2000/5/24 ( 24 年)
デビュー戦丸藤正道
得意技Go2sleep、ブサイクへの膝蹴り
身長174 cm
体重85 kg
血液型O 型
入場曲CICATIRIZ
Twitter@KENTAG2S
Instagramkentag2s
好きなもの平木太郎、CoCo壱、相撲、太ってるカメラマン

KENTAのパラメータ

総合点 43/60点

もはやKENTA選手は大ベテランの選手である。体重はジュニア級でありながら、ヘビー級戦線でも全く臆することなく渡り合う。体重差など微塵も感じさせない戦いを見せてくれる。

KENTA選手の武器は、強烈な打撃の数々。重い音が響き渡るミドルキック。中盤で繰り出す顎が砕けそうな張り手の連打。対戦相手は膝から崩れ落ちること間違いなし。さらに、顔面への膝蹴りやトップロープからのフットスタンプ。見ているだけでも痛い技のオンパレードだ。

『BULLET CLUB』に加入してからは、巧みなインサイドワークで会場の空気をコントロールする。相手をおちょくり、攻めてきたら場外へ逃亡する。観客への煽りも忘れない。しかし、そんなおちょくった戦い方をしながらも、後半には熱く真正面からぶつかり合う戦いも見せ、ファイトスタイルの懐の深さを感じさせる。

KENTA選手の本領は試合外かもしれない。その発信力は日本プロレス界でも随一と言ってもいい。SNSで、対戦相手への誹謗中傷をさせたら右に出るものはいない。とにかく全選手のコメントをちゃんと読んで、全部突っ込んでいく。特にYOSHI-HASHI選手への「ブスいじり」「棒いじり」は、愛すら感じるほどである。そして、バックステージコメントは太ってるカメラマンとのコントだ。YouTubeのバックステージコメントは、KENTA選手がサムネのものだけ再生回数が桁違いだ。そんなKENTA選手のバクコメ力はMAX10だ。

鈴木みのるをいじりまくるKENTA選手

KENTAの必殺技『go2sleep』

KENTAのムーブ

バックステージコメント

・「結局、何が言いたいかっていうと」
・「太ってんな!」

先月までの最新試合結果

※新日本、スターダムでの試合限定
2024.5.12 TOYOTA ARENA
内藤 哲也
辻 陽太
VS KENTA
デビッド・フィンレー
0:14:45 デスティーノ
2024.5.4 福岡国際センター
IWGPタッグ王座
YOSHI-HASHI
後藤 洋央紀
VS KENTA
チェーズ・オーエンズ
0:12:44 ジャックナイフ式エビ固め
2024.5.3 福岡国際センター
タイガーマスク
後藤 洋央紀
YOSHI-HASHI
VS チェーズ・オーエンズ
KENTA
石森 太二
0:07:34 パッケージドライバー

KENTAの年表

年月日できごと
2000.5.24「全日本プロレス」に小林健太として丸藤戦でデビュー
2000.6.16「プロレスリング・ノア」に移籍。小橋健太の付き人となる
2002.5.27リングネームを「KENTA」に変更
2003.7.16丸藤、KENTA組が初代『GHCジュニアヘビー級タッグ王座』を戴冠
2005.7.18KENTAが第10代『GHCジュニアヘビー級王座』を戴冠
2007.7.15石森、KENTA組が『ジュニアヘビー級タッグ・リーグ戦』を初優勝
2008.3.20石森、KENTA組が第9代『GHCジュニアヘビー級タッグ王座』初戴冠
2008.9.6石森、KENTA組が『ジュニアヘビー級タッグ・リーグ戦』を2連覇
2009.10.28右ひざ前十時靭帯の断裂、外側半月板の損傷のため長期欠場
2011.1.29KENTAが『ディスオベイ』に加入
2011.3.5KENTAが『NO MERCY』を結成
2011.5.25金丸、KENTA組が第14代『GHCジュニアヘビー級タッグ王座』初戴冠
2012.10.8KENTA、マイバッハ谷口組が第25代『GHCタッグ王座』初戴冠
2012.11.23KENTAが第3回『グローバルリーグ(現N-1 VICTORY)』初優勝
2013.1.27KENTAが第19代『GHCヘビー級王座』を戴冠
2013.4.28KENTA、高山組が2013年『グローバル・タッグ・リーグ』優勝
2014.4.30KENTAが『プロレスリング・ノア』を退団
2014.7.12『WWE』で「ヒデオ・イタミ」のリングネームで活動
2015.5.7肩を故障し長期欠場
2019.6.9KENTAが「新日本プロレス」の『G1 CLIMAX』へ参戦表明
2019.8.12KENTAが『BULLET CLUB』加入
2019.8.31KENTAが第27代『NEVER無差別級王座』初戴冠
2020.1.5東京ドーム大会の内藤哲也の大合唱に乱入。史上最悪のバッドエンドを起こす
2020.8.22KENTAが第1回『NEW JAPAN CUP in the USA』で優勝
2021.11.6KENTAが第11代『IWGP USヘビー級王座』初戴冠
2022.1.5棚橋とのノーDQマッチで鼻骨骨折、左股関節後方脱臼骨折、背部裂傷縫合術、左環指腱性槌指となり長期欠場
2022.7.26自伝『足跡』を出版
2023.2.19KENTAが第3代『STRONG無差別級王座』を戴冠
2024.2.11KETNA、チェーズ・オーエンズが第101代『IWGPタッグ王座』初戴冠

KENTA選手は、さまざまな道のりを辿った。
NOHAに14年、WWEに5年、新日本プロレスに6年、そして世界中の団体で試合をしている。

2000年、小林健太という本名で丸藤戦でデビュー。若手時代は小橋健太の2代目付き人(初代は金丸義信)を務める。ジュニア選手として戦っていたが、同世代に「天才・丸藤」がいたため、キック中心のファイトスタイルに変更し、「KENTA」として新たな道を切り開く。トップになるために、丸藤との「イケメンタッグ」を組む。わずか3年で「GHCジュニアヘビー級タッグ王座」獲得の快挙を達成する。そこからKENTA選手はノアであらゆるタイトルを獲得する。ジュニア、ヘビー、シングル、タッグ。ノアでのGHCタイトルを全て獲得し、2014年プロレスリング・ノアを退団。さらなる高みを目指し、WWEへ羽ばたくこととなる。

2015年についに「レッスルマニア31」へ出場するも、直後に肩を怪我し長期欠場となる。2016年にようやく復帰をするものの、今度は首を負傷しまたもや長期欠場の憂き目に遭う。2度の負傷で約1年半の欠場を余儀なくされてしまう。WWEで思うような活躍ができなかったのには、もうひとつ理由があった。必殺技である「go2sleep」が、すでにCMパンクに使われていたのである。そのため、KENTAは自分らしさを出すことができなかった。さらに後からWWEにやってきた日本人選手たちが台頭。中邑真輔・ASUKAの活躍を横目に、KENTAはWWEを退団することにする。

「約束されている場所はない。必要とされなくなったら終わりですから。自分の場所は自分で見つけないと」

KENTA インタビュー

2019年、KENTA選手は自分の居場所を求め、新日本プロレスの「G1 CLIMAX」に参戦する。早々に呼び込んでくれた柴田勝頼を裏切り『BULLET CLUB』に加入。これが転機となり、KENTA選手はヒールとして花開くこととなる。

そして、2020年。1.4東京ドームで史上最大の乱入を起こし、新日本プロレス最大のブーイングを浴びる。SNSでは本気の誹謗中傷を受ける。1年以上経っても「死ね」と書き込まれ続ける。しかし、大注目を浴び、見事タイトルマッチへのチャンスを掴むことに成功。だが、チャンスはものにできなかった。さらに、そこへコロナがやってくる。アメリカ在住のKENTAは日本に渡航できず、しばらく戦線離脱を余儀なくされる。

そんな中でもKENTA選手は、新日本のアメリカ大会「NEW JAPAN CUP 2020 in the USA」で優勝。自らチャンスを掴みに行く。やがて、コロナが緩和され、新日本プロレスでも試合ができるようになり、『IWGP USヘビー級王座』を獲得する。だが、ここでもKENTA選手の道のりは平坦ではなかった。棚橋選手とのノーDQマッチで大怪我をし、またもや長期欠場となってしまう。半年ぶりの復帰戦も、KUSHIDAの復帰とかぶり注目されない。完全に新日本の主役から外れてしまう。

チャンスを掴んでは、困難にぶつかる。前進しては壁にぶつかる。そんな難儀な道のりの中、KENTA選手は自伝『足跡』の宣伝に注力する。もう試合の結果とかより、バックステージで自伝を宣伝しちゃう。

どんな困難があるときも、バックステージだけは自分の場所だった。いつも裏切らないのは、バックステージだけだった。そうして、ついにバックステージ芸人が誕生したのである。

KENTA復帰戦

KENTAの全対戦成績

年別の勝利数、敗北数、引分数、勝率の推移。
TotalWinLoseDrawRate
330173157052.4%
※集計期間:2007/5〜2024/5の新日、STARDOMの試合
合計試合時間71:02:13
平均試合時間 0:12:54

メインイベント回数の推移

年別のメインイベントの回数、メインイベント率をグラフ化。
メインイベント率が高いほど、メインイベンターとして重宝されている。
Main CountMain Rate
4513.6%

フィニッシュホールドTOP5

KENTA選手のフィニッシュホールドを集計してランキング。
RankFinishCount
1go 2 sleep32
2GAME OVER17
3横入り式エビ固め11
4首固め5
5エビ固め4

波瀾万丈なKENTA選手ではあるが。2019年に新日本プロレスに本格参戦以降、勝率も試合数も比較的安定している。コロナで来日できなかったり、大怪我で戦線離脱したりしているのに、安定している。KENTA選手のサバイバル能力の高さを物語っているようだ。

一方で、メインイベントの回数は、下降の一途を辿っている。2020年に史上最悪の大乱入で、一躍新日本の中心に躍り出たが、その後は右肩下がりとなってしまう。2023年には、メインイベント回数はわずか3回となっている。

KENTA選手のフィニッシュ回数は、圧倒的に「go 2 sleep」。丸め込みも多数使って勝利しているようだ。

KENTAのシングルマッチ勝率

シングルマッチの年別の勝利数、敗北数、引分数、勝率の推移。
TotalWinLoseDrawRate
744133055.4%
※集計期間:2007/5〜2024/5の新日、STARDOMの試合
合計試合時間21:21:16
平均試合時間 0:17:18

KENTAのシングル対戦TOP5

KENTA選手とシングル対戦数の多い順でランキング。
RankPlayerRate
1棚橋 弘至844050%
2YOSHI-HASHI541080%
3SANADA40400%
4ザック・セイバーJr.422050%
5後藤 洋央紀431075%

シングルマッチの勝率は、2020年をピークに徐々に下がっている。2023年には勝率50%を切ってしまった。

対戦相手別では、棚橋選手との対戦が一番多く4勝4敗で勝率50%。YOSHI-HASHI選手にはめっぽう強く100%の勝率だったが、2024年の『NEW JAPAN CUP』でついにシングル初敗北を喫している。

逆にSANADA選手にめっぽう弱く4戦4敗の勝率0%。煽りやのらりくらりとした戦法に全く付き合わないSANADA選手は、KENTA選手の天敵のようだ。

KENTAのタッグマッチ勝率

タッグマッチの年別の勝利数、敗北数、引分数、勝率の推移。
※2人タッグのみの成績
TotalWinLoseDrawRate
603228053.3%
※集計期間:2007/5〜2024/5の新日、STARDOMの試合
合計試合時間11:27:17
平均試合時間 0:11:27

KENTAのタッグパートナーTOP5

KENTA選手とタッグ組んだ回数順に、タッグパートナーをランキング。
※2人タッグのみの成績
RankPlayerRate
1高橋 裕二郎1798052.9%
2外道1201200%
3エル・ファンタズモ9900100%
4チェーズ・オーエンズ954055.6%
5石森 太二5500100%

KENTA選手のタッグマッチの成績は、ドラマチックなくらいに不安定だ。

2021年にはタッグ勝率33%という心細い結果だったが、翌年には勝率76%に大躍進をみせる。その不安定さの原因は、タッグパートナーにある。KENTA選手はタッグパートナーによって、勝率が全然違うのだ。

外道選手とのタッグでは、残念ながら全敗で勝率0%。タッグが決まったらKENTA選手の勝利は絶望的だ。逆にELP選手、石森選手とのタッグでは勝率100%となっている。(2024年3月時点)。そして、チェーズ選手と『IWGPタッグ王座』を獲得した今は、チェーズ選手との勝率をどこまで伸ばせるか、これからの戦いに目が話せない。

KENTA ベストバウト

超個人的かつ評価の高い試合をピックアップ。あの頃のノアのジュニアがすごいことになっている。

▼KENTA vs 丸藤正道
2008.10.25 日本武道館『GHCヘビー級選手権試合』

▼KENTA vs ブライアン・ダニエルソン
2008.10.13 広島グリーンアリーナ『GHCジュニアヘビー級選手権試合』

▼丸藤正道、飯伏幸太 vs KENTA、石森太二
2007/7/15 日本武道館『ジュニア・ヘビー級タッグ・リーグ公式戦』

KENTA 関連グッズ

KENTA選手推しならマストバイ。あなたはどっちの『足跡』が好き?

『足跡あしあと』KENTA自伝
『足跡あしあと』KENTA自伝
「イケメン」から「方舟のカリスマ」、「イタミ・ヒデオ」、「史上最悪の乱入者」まで。善から悪を乗りこなす男の真実。
『足跡あしあと』KENTA自伝
『足跡あしあと』KENTA自伝
数量限定! KENTA自筆の題字、撮り下ろしの新たな写真がはいったオリジナルカバーの特別版が登場
KENTA ぴょんすけ
KENTA ぴょんすけ
肩に乗せるもよし、鉄柵に乗せるもよし

まとめ

14年間、ノアで輝かしい栄光を掴んだKENTA選手。さらなる羽ばたきをしようと、自分の場所を求めWWEに移籍するも、2度も大きな怪我に阻まれてしまう。新たに新日本プロレスでヒールに転向し、プロレスファンの憎悪を集めたものの、チャンスをものにできず、コロナや怪我で道を閉ざされてしまう。

それでもKENTA選手は、何ひとつとしてめげることなく、いつも通りに観客の前に姿を現し、相手をおちょくり、客をおちょくり、バックステージでキレキレのコメントをする。いつしか、KENTA選手へのヘイトは消え、今ではバックステージ芸人として、その人気を確立している。

もちろん、プロレスでも結果を残している。2024年には『IWGPタッグ王座』『DEFY世界王座』の2冠に輝いている。転んでもただでは起きないKENTA選手が、これからどんな転び方をして、どう起きてくるのか、今後も楽しみだ。

それでは、一緒に素晴らしきプロレスライフを!