【スターライト・キッド】スタラキ完全攻略ガイド <全試合勝率・プロフィール・ベストバウト etc>

選手名鑑

STARDOMで唯一のマスクウーマン、スターライト・キッド。
あ、スーパー・ストロング・スターダム・マシンがいるから唯一の覆面じゃなかった。

これまでプロレス界のマスクウーマンとして、これほどまでに謎のベールに包まれていない覆面レスラーはいない。プライベートの写真もSNSでアップし、素顔も鼻以外は全て出してしまっている。

また、大江戸隊というヒールユニットに属しているにも関わらず、イベントの司会進行や告知など、仕事はきっちりとやる。空気を読んで場を回す。鼻は晒さないが、それ以外は全てを等身大で晒していくスタンスのマスクウーマン。それがスターライト・キッド選手だ。

そんなキッド選手の対戦データも晒していこうと思う。復帰おめでとう!

スターライト・キッド

闇に踊る空虎
団体STARDOM
ユニット大江戸隊
生年月日8/18 (非公開)
デビュー2015/10/11 ( 8 年)
デビュー戦米山香織、渡辺桃
得意技ムーンサルトプレス、スター・スープレックスホールド、黒虎天罰、モモ⭐︎ラッチ、Eternal foe
身長150 cm
体重49 kg
血液型O 型
入場曲Desided
Twitter@starlight_kid11
Instagramstardom_starlightkid
好きなものオムレツ、ハラミ、タン、ロース、ステーキ、音楽鑑賞、ファッション、スタバ

スターライト・キッドのパラメータ

総合点 45/60点

スターライト・キッド選手の年齢は公表されていない。だが、ブログで高校卒業を報告したり、雑誌で新成人の着物でインタビューを受けたりしており、だいたいバレてしまっている。生まれた年は2001年くらいだが、年齢は不詳だ。絶対に年齢は不詳だ。

身体は小柄で決してパワーがある選手ではない。しかし、しなやかで美しいブリッジやスピードを活かして魅せる試合を展開する。技もひとつひとつ洗練されており、そのフォームで観客を惹きつける。

洗練されたパフォーマンスは、入場から始まる。入場曲に合わせる一挙手一投足の美しい所作に、プロとしてのこだわりを感じる。曲もかっこいいし。対戦相手を待っている時ですらも、コーナーポストの上でポージング。完璧な演出だ。しかし、試合が始まれば一変して感情的をモロ出しにする。観客をより一層引き込んでいく。株主総会で木谷会長にビンタしたのも、ファンの心を鷲掴みにした。毎年、ビンタしてほしい。

そして、キッド選手の最大の魅力は、それはマイクパフォーマンスだ。とにかくマイクがうまい。幼い頃からプロレスを見ていただけあって、プロレスセンスが光る。どうしたらファンが喜ぶのかを本能でわかっている印象がある。試合後はもちろんのこと、記者会見でも常に主導権を握ってしまう。どんな状況でもスベリ知らずで、動じない度胸がある。そして、なにより声が聞き取りやすい。聞き取りにくいガッサガサの声の選手がいる中、聞き取りやすいというのは、天賦の才である。そしていい声だ。一生聴いていたい。キッド選手の滑舌はMAX10だ。

関係ないけど、キッちゃんのマスクは高い。でも、いつか欲しい。

スターライト・キッドの必殺技『黒虎天罰』

スターライト・キッドのムーブ

リングイン

両足をペタッと180度開脚してリングイン。デスペ選手と似ている。

試合後パフォーマンス

試合に勝ったら「天罰完了」ステッカーと一緒にフォトチャンス!

先月までの最新試合結果

※新日本、スターダムでの試合限定
2024.5.31 仙台PIT
スターライト・キッド
星来 芽依
朱里
VS さくらあや
玖麗 さやか
水森 由菜
0:11:32 流れ星
2024.5.28 エディオンアリーナ大阪
壮麗 亜美
鹿島 沙希
スターライト・キッド
VS 葉月
向後 桃
岩谷 麻優
0:11:49 黒虎脚殺
2024.5.26 KBSホール
スターライト・キッド
白川 未奈
VS 中野 たむ
玖麗 さやか
0:15:05 黒虎脚殺

スターライト・キッドの年表

年月日できごと
2015.10.11米山香織、渡辺桃を相手にスターダムでデビュー
2016.6.16受験勉強のため長期欠場
2017.6.11一年ぶりの復帰
2018.3.28スターライト・キッドが初代『フューチャー・オブ・スターダム王座』を戴冠
2018.4.15スターライト・キッドが『STARS』初期メンバーにドラフト加入
2021.6.12『STARS』と『大江戸隊』の全面戦争マッチに敗れ、スターライト・キッドが大江戸隊強制加入
2021.8.29スターライト・キッドが第21代『ハイスピード王座』を初戴冠
2022.3.26キッド、渡辺桃組が第23代『ゴッデス・オブ・スターダム王座』を初戴冠
2022.5.28鹿島、キッド、渡辺桃組が第27代『アーティスト・オブ・スターダム王座』を初戴冠
2023.3.25キッド、KARMAが初代『NEW BLOODタッグ王座』戴冠

キッド選手は、生まれた時からプロレスの世界に囲まれていた。0歳から親の影響で全女プロレスを見始め、やがては一人で観戦に行くほどプロレスにのめり込んだ、生粋のプロレス大好き少女である。

2015年にスターダム7期生としてデビュー。スターダム初の生え抜きの覆面レスラーとなる。2018年からSTARSメンバーとして岩谷選手のパートナーを務めていたが、2021年にまさかの闇落ち。逆に人気に火がつく。以降は「ハイスピード王座」「ゴッデス・オブ・スターダム王座」「アーティスト・オブ・スターダム王座」「NEW BLOODタッグ王座」と数々のタイトルを戴冠し、実績も残していく。

しかし、「ハイスピード王座」以降はシングルのタイトルにはまだ手が届いていない。シングルプレイヤーとして、キッド選手のこれからの飛躍に期待だ。

スターライト・キッドの全対戦成績

年別の勝利数、敗北数、引分数、勝率の推移。
TotalWinLoseDrawRate
6442723452742.2%
※集計期間:2007/5〜2024/5の新日、STARDOMの試合
合計試合時間116:17:50
平均試合時間 0:10:50

メインイベント回数の推移

年別のメインイベントの回数、メインイベント率をグラフ化。
メインイベント率が高いほど、メインイベンターとして重宝されている。
Main CountMain Rate
10316%

フィニッシュホールドTOP5

スターライト・キッド選手のフィニッシュホールドを集計してランキング。
RankFinishCount
1ムーンサルトプレス29
2黒虎脚殺17
3旋回式フロッグスプラッシュ16
4黒虎天罰11
5モモ☆ラッチ10

キッド選手はデビュー以降、年間の試合数が着実に増えている。2020年はコロナの影響で試合数が少ないが、ほぼ全ての大会に出場しており、皆勤賞に近い。スターダムの大会にかなり貢献していると言えるだろう。勝率も2020年に谷ができているが、2022年には過去最高の勝率を記録している。

注目すべきは、2021年の大江戸隊加入後のメインイベント回数。その数は前年の約3倍。いかに”闇落ち”が良いきっかけになったのかがわかる。メインイベント率についても同様に伸びている。人気、勝率ともに上昇傾向だ。

キッド選手のフィニッシュは、美しいムーンサルトプレス。

スターライト・キッドのシングルマッチ勝率

シングルマッチの年別の勝利数、敗北数、引分数、勝率の推移。
TotalWinLoseDrawRate
13155651142%
※集計期間:2007/5〜2024/5の新日、STARDOMの試合
合計試合時間20:07:23
平均試合時間 0:09:13

スターライト・キッドのシングル対戦TOP5

スターライト・キッド選手とシングル対戦数の多い順でランキング。
RankPlayerRate
1AZM1155145.5%
2なつぽい724128.6%
3葉月724128.6%
4渡辺 桃623133.3%
5羽南651083.3%

キッド選手のシングルマッチの成績は、あまり安定していない。2017年は勝率75%を記録しているが、2020年には勝率20%。翌年2021年には勝率56%と、年によって大きくばらつきがある。そして、2023年は低迷。彼女自身も“スターダムのトップ戦線に食い込めていない”ことにフラストレーションを感じているようだ。

2020年頃から、スターダムは他団体移籍の中途採用が増えた。そのため、生え抜きの選手は話題性を持っていかれがちで、自ら動かないとすぐに埋もれてしまう。キッド選手も色々と動いて常に話題を提供しているが、まだバチっとはまる相手がいないようだ。

対戦成績も上位には勝ち越している選手がいない。AZM選手とはこれからも永遠のライバル関係となっていくだろうから、キッド選手が勝率を上げていくことを期待したい。

スターライト・キッドのタッグマッチ勝率

タッグマッチの年別の勝利数、敗北数、引分数、勝率の推移。
※2人タッグのみの成績
TotalWinLoseDrawRate
191801011041.9%
※集計期間:2007/5〜2024/5の新日、STARDOMの試合
合計試合時間30:20:14
平均試合時間 0:09:31

スターライト・キッドのタッグパートナーTOP5

スターライト・キッド選手とタッグ組んだ回数順に、タッグパートナーをランキング。
※2人タッグのみの成績
RankPlayerRate
1琉悪夏311217238.7%
2渡辺 桃20117255%
3岩谷 麻優19109052.6%
4渋沢 四季15510033.3%
5鹿島 沙希1367046.2%

シングルマッチと逆に、タッグマッチの勝率は、明らかに右肩上がりとなっている。タッグプレイヤーとしては、どんどん戦績が伸びてきている。

2022年に「ゴッデス・オブ・スターダム王座」を戴冠。2023年に新設された「NEW BLOODタッグ王座」を戴冠。勝率だけでなく、タイトルもしっかりと獲得している。

特に渡辺桃選手とのタッグは、相性がよいようで勝率もよい。二人のタッグチーム名は『BLACK DESIRE』。なんか中森明菜が闇落ちしたみたいでかっこいい。

スターライト・キッド ベストバウト

超個人的かつ評価の高い試合をピックアップ。STARDOM WORLDで見れる試合をチョイス。ライバルのAZM、なつぽいは外せない。

▼スターライト・キッド VS AZM
2022.2.23 アオーレ長岡「ハイスピード王座選手権試合」

06 High Speed Title Match | Stardom World

▼スターライト・キッド VS ジュリア
2022.8.27 後楽園ホール 「5STAR公式戦」

10 Blue Stars | Stardom World

▼スターライト・キッド VS なつぽい
2021.8.29 ベルサール汐留「ハイスピード選手権試合」

07 High Speed Title Match | Stardom World

スターライト・キッド 関連グッズ

スターライト・キッド選手の魅力を温分に味わいたいなら、スタイルブックをマストバイ。デスぺっちも出てくるよ。

まとめ

スターライト・キッド選手は、スターダムの唯一の覆面レスラーだ。
あ、スーパー・ストロング・スターダム・ジャイアント・マシンがいたから唯一の覆面じゃなかった。

華麗なテクニックとパフォーマンスで観客を魅了しながら、SNSではファッションやいろんなオムライスの写真などを発信しているイマドキの女子だ。鼻以外は、顔も感情も全て曝け出している新しいタイプの覆面レスラー、スターライト・キッド。

メインイベンターとしての回数は2021年から増えてきおり、人気はうなぎのぼり。あとはシングルマッチでの勝率をあげて、実績を積んでいけば、実力・人気ともにスターダムの顔となるに違いない。今後のSLK(キッちゃんは「エス、エル、ケー」って応援する)に大注目だ。試合数が増えてきているので、怪我には気をつけてほしい。

それではみなさん、素晴らしきプロレスライフを!