【舞華】女帝の完全攻略ガイド

選手名鑑

2023年、激動のスターダムの中、スターダムを制覇したのは女帝だった。

幼少期からあり余るパワーで、男子とも喧嘩をする。9歳から柔道を始め、全国大会ベスト8にまでなる。そんな、とにかくアクティブな舞華選手の今までのプロフィールや対戦成績をまとめてみました。

舞華

炎舞う、深紅の号砲
団体STARDOM
ユニットE neXus V
生年月日3/24 (非公開)
出身地福岡県
デビュー2019/5/7 ( 5 年)
デビュー戦下田美馬
得意技炎華落とし、山茶華、雪崩式ブレーンバスター、みちのくドライバーⅡ
身長162 cm
体重65 kg
血液型A 型
入場曲華宴
Twitter@_Maika0324
Instagrammaika_0324
好きなものトレーニング、肉、酒、モンスターピンク、ちゃんみな(ラッパー)

舞華のパラメータ

総合点 42/60点

舞華選手はまさに「女帝」という言葉ふさわしい。

美しい顔立ちに長い艶髪をなびかせながら、酒と肉をこよなく愛する。対戦相手を待つ姿はほぼ戦国武将。サードロープにどっかりと悠然と座り、女帝の団扇で涼しい顔で貫禄を撒き散らしている。美しさと共に、武士のような逞しさも兼ね備えている。まさに女帝だ。

そのパワーはずば抜けており、棚橋選手をバックドロップで軽々と投げ飛ばす。彼女自らも「150kgまでならギリ大丈夫」と豪語している。150kgって!スコット・ノートンをも投げられるということだ。業務用冷蔵庫も一人で運べるということだ。ひとりアート引越センターである。

技にも豪快なものが多い。TAKAみちのく直伝の「みちのくドライバーⅡ」は説得力バツグンのフィニッシャーだ。直立したままの雪崩式ブレーンバスターなどは、石井選手を思わせる安定感だ。銅像を造って飾りたいくらいだ。柔道経験を活かした「山茶華」は、小川直也のSTOに同様に豪快。「炎華落とし」も変形サイドバスターで全体重を浴びせる破壊力を誇る。そして、技の受けっぷりも豪快だ。頑丈な身体だからこそ、相手の技を真正面から受け止める。

パフォーマンスも素晴らしい。もう、まず声がでかい。とにかく元気だ。試合後のマイクも歯にもの着せずにズバズバいうし、突然行方不明になったと思ったら熊に憑依されたりもする。SNSでも、他の選手との痛快なやりとりで、ファンを楽しませてくれる。

しかし、なんと言っても舞華選手といえば「酒」だ。試合がない日は、ほぼ毎日のように酒を飲む。1.5L。焼酎はボトルを空けたら、飲み干す。豪快な飲みっぷりに豪快なエピソードもいくつかある。どんなに呑んでも、翌日には酒も記憶も残さない。お酒を飲むとご飯は食べない。つまみはいらない。酒だけでいいのだ。そんな女帝の酒はMAX10に決まっている。

舞華の必殺技『みちのくドライバーⅡ』

先月までの最新試合結果

※新日本、スターダムでの試合限定
2024.5.31 仙台PIT
刀羅 ナツコ
吏南
渡辺 桃
VS 上谷 沙弥
妃南
舞華
0:12:18 スワントーンボム
2024.5.28 エディオンアリーナ大阪
フキゲンです★
刀羅 ナツコ
テクラ
渡辺 桃
VS 白川 未奈
HANAKO
ジーナ
舞華
0:13:10 スワントーンボム
2024.5.26 KBSホール
月山 和香
舞華
ジーナ
VS 水森 由菜
安納 サオリ
なつぽい
コグマ
葉月
岩谷 麻優
0:13:32 サンダーストラック

舞華の年表

年月日できごと
2019.5.7「JUST TAP OUT」で下田美馬戦で勝ち星デビュー
2020.1.19ジュリア、朱里、舞華が『ドンナ・デル・モンド』を結成
2020.2.8ジュリア、朱里、舞華組が第23代『アーティスト・オブ・スターダム王座』初戴冠
2020.7.17舞華が第3代『フューチャー・オブ・スターダム王座』初戴冠
2020.7.26舞華が『STARDOM』に移籍
2021.2.14舞華、ひめかタッグの「舞ひめ」が第20代『ゴッデス・オブ・スターダム王座』初戴冠
2021.10.3舞華、ひめか、なつぽいの「舞ひめぽい」が第26代『アーティスト・オブ・スターダム王座』初戴冠
2023.11.12舞華、メーガン組が『ゴッデス・オブ・スターダム タッグリーグ』初優勝
2023.12.29舞華が第17代『ワールド・オブ・スターダム王座』初戴冠

TAKAみちのく選手のSNSで誘いをきっかけに、柔道からプロレスラーへ転身。同じく柔道をしていた林下詩美選手が、STARDOMで活躍していいるのを見て、プロレスラーになることを決意した。柔道で磨かれた技術を武器に、2019年のデビュー戦でレジェンド下田美馬選手を破り、いきなりその才能を開花させる。

2020年1月4日、林下詩美選手が持つ「フューチャー・オブ・スターダム王座」に念願の挑戦。敗れはしたものの、試合後にジュリアから新ユニットへの誘いを受け、「ドンナ・デル・モンド」を結成する。「貪欲に強さを追い求め続けるレスラーでありたい」と決意を表している。

ユニット結成後、すぐさま『アーティスト・オブ・スターダム王座』を獲得し、半年後には『フューチャー・オブ・スターダム王座』も手中に収める。2020年7月に「スターダム」に正式移籍し、翌年2021年には「舞ひめ」タッグで『ゴッデス・オブ・スターダム王座』を、同年10月には「舞ひめぽい」で再び『アーティスト・オブ・スターダム王座』を戴冠し、最多防衛記録7回を樹立する。舞華選手は仲間に恵まれ、次々と栄光を掴んでいく。

しかし、2022年。DDM内は分裂と脱退が相次ぐ。2022年7月9日、「舞ひめぽい」のパートナーであったなつぽい選手がDDMを脱退。2023年5月14日には「舞ひめ」のパートナーであったひめか選手が引退。残されたDDMのメンバー、ジュリア・テクラ・桜井まいで「バリバリボンバーズ」を結成。舞華選手はユニット内でもパートナー不在となってしまう。だが、女帝はそんなことでつまずかない。突如スターダムに現れたメーガン・ベーン選手と謎のタッグを組み、ユニットを超えた活躍をみせ、話題をかっさらっていく。

2023年はスターダムにとって試練の年となった。選手とスタッフの確執や、10名以上の選手の欠場。その結果、『ワールド・オブ・スターダム』『ゴッデス・オブ・スターダム』のタイトルは返上され、社長の交代劇にまで発展。

だが、やはり女帝はそんなことではつまずかない。そんな逆境の風が吹く中、舞華選手は欠場せず毎試合全力で盛り上げ、スターダムの暗黒期の中で輝きを放ち続けた。2023年のメインイベント数は40回。これは、2023年の年間トップの回数である。試合数は120回。3試合に1回がメインイベントだったということだ。スターダムの顔としての地位を確固たるものにした。

そして、2023年12月29日。ついにスターダムの頂点『ワールド・オブ・スターダム王座』を戴冠する。逆境を全くものともせず、むしろ逆境のたびに強く光り輝く舞華選手。舞華選手がいる限りスターダムの未来は明るい。

舞華の全対戦成績

年別の勝利数、敗北数、引分数、勝率の推移。
TotalWinLoseDrawRate
4292571225059.9%
※集計期間:2007/5〜2024/5の新日、STARDOMの試合
合計試合時間93:19:18
平均試合時間 0:13:03

メインイベント回数の推移

年別のメインイベントの回数、メインイベント率をグラフ化。
メインイベント率が高いほど、メインイベンターとして重宝されている。
Main CountMain Rate
12228.4%

フィニッシュホールドTOP5

舞華選手のフィニッシュホールドを集計してランキング。
RankFinishCount
1みちのくドライバーII71
2炎華落とし35
3山茶華9
4片羽絞め7
5ジャックナイフ式エビ固め5

舞華選手のスターダムでの勝率は驚異的で、1度も勝率50%を切ったことがなく、常に勝ち越している。試合数も年々増加しており、スターダムの中で存在感を強くしている。

2022年はメインイベント回数が減少しているが、2023年は前述した通りスターダム選手の中でいちばんメインを務めた選手となった。そして、チャンピオンとして迎える2024年はさらにメインイベンターとして破竹の勢いを見せるに違いない。

フィニッシュホールドはダントツで「みちのくドライバーⅡ」。師匠のTAKAみちのく選手から、必ず仕留める必殺技にしろと伝授され、今では舞華選手の圧倒的な一撃必殺技として完成されている。

舞華のシングルマッチ勝率

シングルマッチの年別の勝利数、敗北数、引分数、勝率の推移。
TotalWinLoseDrawRate
784524957.7%
※集計期間:2007/5〜2024/5の新日、STARDOMの試合
合計試合時間14:58:26
平均試合時間 0:11:31

舞華のシングル対戦TOP5

舞華選手とシングル対戦数の多い順でランキング。
RankPlayerRate
1林下 詩美852162.5%
2渡辺 桃733142.9%
3上谷 沙弥623133.3%
4AZM431075%
5朱里413025%

タッグ戦線での活躍が目立つ舞華選手だが、シングルマッチの勝率でも確実に勝率を上げている。彼女のシングル戦績は、年を追うごとに高まっており、一度も勝率が下がっている年はない。

特に、プロレスラーへの転身のきっかけとなった林下詩美選手との対戦は、舞華選手の戦いの中でも際立った存在となっている。勝率は舞華選手の方が高い。実は詩美選手とは『5★STARS』公式戦では負けなし。なんと4戦4勝している。しかし、詩美選手との『ワールド・オブ・スターダム選手権』でのタイトルマッチでは2戦2敗。一度も勝てていなかった。だが、2024年3月20日『ワールド・オブ・スターダム選手権』タイトルマッチで、ついに詩美選手に勝利することができた。

ただ、二人のライバル関係には一旦の終止符が打たれることとなる。詩美選手がスターダムを退団することが発表されたのである。パートナーを失い、ライバルも失った舞華選手だが、そんなことはものともしない活躍を見せるだろう。またどこかで二人の戦いを見たい。

舞華のタッグマッチ勝率

タッグマッチの年別の勝利数、敗北数、引分数、勝率の推移。
※2人タッグのみの成績
TotalWinLoseDrawRate
12675331859.5%
※集計期間:2007/5〜2024/5の新日、STARDOMの試合
合計試合時間24:59:47
平均試合時間 0:11:54

舞華のタッグパートナーTOP5

舞華選手とタッグ組んだ回数順に、タッグパートナーをランキング。
※2人タッグのみの成績
RankPlayerRate
1ひめか41259761%
2ジュリア19135168.4%
3メーガン・ベーン17132276.5%
4朱里1353538.5%
5桜井 まい834037.5%

舞華選手は、タッグマッチでもその輝きを放っている。勝率は常に50%以上を超え、その安定感は驚異的だ。最愛のパートナーであるひめか選手が引退しても、タッグでの輝きが薄れることはなかった。新たにメーガン・ベーン選手をパートナーにし、高い勝率を叩き出した。さらにメーガン・ベーン選手がスターダムを去り、DDMが解散した後も、白川選手と「E neXus V」を結成。タッグでもまだまだ活躍が止まらなそうだ。

パートナー別では、ひめか選手とのタッグ試合が最も多い試合数となっている。誰と組んでも相性がよさそうな舞華選手だが、朱里選手・桜井選手とタッグを組むと勝率は一気に下がってしまう。

舞華 ベストバウト

最愛のパートナーと、最大のライバルとのベストマッチをご紹介。

▼舞華 VS ひめか
2023.4.23 横浜アリーナ『ひめか引退試合』(1時間48分頃)

日本語 | Stardom World

▼舞華 VS 林下詩美
2021.11.27 国立代々木競技場『ワールド・オブ・スターダム選手権』

08 World of Stardom Title Match | Stardom World

舞華 関連グッズ

舞華選手のグッズはこちら。全種類の酒を出していってほしい。

舞華 写真集 艶舞 -だりあ-
舞華 写真集 艶舞 -だりあ-
初の写真集で彼女が魅せるのは色彩豊かなシチュエーションと凛と研ぎ澄まされた表情が織りなす美の世界!舞華の気品が漂う一冊、ぜひご鑑賞ください。
【STARDOM】 神楽酒造 舞華ボトル ひむかのくろうま
【STARDOM】 神楽酒造 舞華ボトル ひむかのくろうま
舞華選手の酒が出た。ひむかのくろうまとのコラボ限定商品!
【STARDOM × S's LIVE】AMATERAS MAIKA | La Mistica
【先⾏発売⽇】3⽉9⽇(⼟)横浜武道館大会にて本数限定先⾏販売!舞華が選出した【 B E L × 舞華 】A R T ノベルティー付1本 3,000円(税込)------------------------...

まとめ

女帝・舞華。美しさと、酒臭さと、力強さとを兼ね備えたプロレスラーだ。

幼少期からのあり余るパワーをプロレスに全て注ぎ、タッグからシングルまで、どんな場所でも輝いてしまう舞華選手。先行きが不透明なスターダムだが、そんな中でも確実なことは、舞華選手が女子プロレスを引っ張っていくということだ。女帝に付いていけば間違いない。女帝時代はまだ始まったばかりだ。

それでは、一緒に素晴らしきプロレスライフを!